本物のミュウをゲット(バグを利用した裏技で作成し最強化する)

本物のミュウ(初代ポケモン赤緑版)
 本物のミュウは、公式のイヴェントでしか入手できないものでした。 しかし、ある時期バグ技で作れることが報告され、方法を披露する人がいましたが、その多くは外観のみのデータであった為に、完全に偽者でした。 さらに悪いことに、中にはバグ技によりデータを壊してしまったという人もいたようです。
 かく言う私も、殿堂入りデータが変になっていた記憶があります。 ただし、こちらは50回までしか記録できないので、それ以上殿堂入りを行なうと上書きされます。 全てのパラメータがMAXで、かつ4つの技が全部サイコキネシスという最強のミュウツーで、 ポケモンリーグを簡単に制することが可能なので、不正なデータを上書きしました。
 本当に問題なのは、ゲームが継続できない状態になることです。 バグ技については、以上のような問題があるため、その後に任天堂が注意喚起まで行っていました。
本物のミュウのデータ
 本物のミュウのデータとはどうあるべきか、このサイトの参考文献となっているポケモン研究所の報告と、現在私の手元にある当時のメモより整理します。正確には全て正しくないと正真正銘の本物のミュウということができません。

・外見と中身のデータ
 この2つは別々に管理されているようです。もちろん両方とも本物のデータである21(16進では15)にしなければなりません。実は、中身だけ変えても、育て屋にあずけて引き出すと、外見も手に入れて帰ってくるという便利な方法が知られています。育て屋は、ハナダシティの下の方にあります。引き取りにお金が必要です。

・タイプ
 ポケモンによっては、タイプを2つ持っているものがあります。ひとつしかないものは、2つのアドレスに同じデータが入っています。ミュウはエスパーである24(16進では18)という数値です。これも絶対必要です。

・被捕獲率
 文献によれば、レア度とも表現しているようです。 データはこちらにあります。
  →この中で、ナッシーのデータは私の方では45ではなく90でした
 ぱっと見では、数値が低いほど捕まりにくいものと言えます。ちなみにミュウは45です。誤って、この数値が違ったままでしばらくゲームをしていたことがありましたが、不具合は発生しませんでした。一時流行った公式対戦イヴェントで、真偽をみるため使われていたかもしれませんが、その情報は入手できていません。いずれにしても、この数値は正しいものにすべきと思います。

・固有値
 これは、ミュウに限ったことではなく、ポケモン種類によらない生まれたときに決まる能力値です。よって、同じポケモンでも強いものと弱いものがいるということになります。もっと具体的に言えば、攻撃が得意なものと防御が得意なものがいたりするわけです。 固有値は、攻撃、防御、素早さ、特殊のそれぞれが、16段階に設定されています。それが、普通に野生のポケモンゲットの場合は、内部のプログラムで決定されているようですが、公式イヴェントで配布されたミュウの固有値はすべて以下の数値だったようです。
 攻撃 10、防御 1、素早さ 12、特殊 5 (つまり16進ではA1C5)
 この数値も合わせ込みができますが面倒くさいです。 本物という意味では重要ですが、私の考えとしては、防御と特殊が低すぎですし、 世界最強のミュウに仕上げたいので、ここは全て255(16進のFF)にすることをお奨めします。
 また、見た目はミュウでも中身は偽者というのはいやで、単純にデータ上において本物のミュウが欲しいという方は、 上記の数値は強さのパラメータなので無視しても構わないと思います。(弱いですが)
 固有値までも本物にする方法(面倒なので私は非推奨)
 上記数値とは別に努力値というものが存在します。これは本来は戦闘をくり返していって数値を上げます。 ゲームで使用するに従って、最終的には最大値になりますが、これもバグ技で操作できるため別途報告します。 前述の固有値と合わせて、最強のミュウに仕上げると、HPが403、攻撃、防御、素早さ、特殊がすべて298になります。

・技
 これについては、ミュウはすべての技を覚えられるので、不毛の議論といえるでしょう。
  →しかも技変えの方法もありますしね
 レベルアップで覚える技については以下の報告があるので、とことん本物指向にこだわる人は参考にしてください。
  レベル10 へんしん
  レベル20 メガトンパンチ
  レベル30 ゆびをふる
  レベル40 サイコキネシス

・親の名前
 公式イヴェントの企画に由来しているようです。幕張メッセで行ったときのは、”マクハリ”だとか。 それから、コロコロ、マリオ、ヨッシーとかがあるらしいです。
 ここにこだわる方は、ゲームをリセットして、自分の名前を上記と同じにして始めてみればよいでしょう。ゲームを進行する上で、行く末を決めるかもしれないデータではありませんので、どうでも良いところだと思いますが。

・ID値
 本来これはゲーム上では親による固有番号(乱数発生)です。親の名前に依存するものではありません。公式ミュウの場合は、配布時番号管理するために、シリアルで発行したという証拠があります。なかよく兄弟で行って、並んでもらったものは1番違いだったということです。つまり、このデータは、公式ミュウを所有している方々みんながバラバラです。→とはいっても65536種類
本物のミュウの生成
 ひとつずつ正確な数値に変えていけばいいので、方法はいろいろ考えられます。ここでは、できるだけ手数が少ないと思われる方法を提案します。もっと良い方法があるかもしれません。
 タイプが同じエスパーポケモンを使って、外見&中身とともに被捕獲率(レア度)を変えようと思います。 これで本物のミュウと言えると思います。他にも必要なので、以下の2体を用意してください。
 エスパーポケモン:ケーシィまたはスリープ(これらの進化形やミュウツーでも良いですが)
          ゲットしたとき、ミュウまたは自分の好きな名前をつけておいてください
 次の条件を満たすポケモン:@なきごえを覚えていること
              A技回数が25以上ある技をひとつ覚えていること
              B技を3つ以上覚えていること
               →この条件を満たすおススメは、ニャースです
               →他には、ピッピ、ニドラン♀あたりです
               →このポケモンのデータは狂うので、バグ技終了後逃がします

※バグ技を行う前の準備
 1匹目なきごえを覚えているポケモンは、この技の位置を2番目にします。
 1匹目の25以上の技回数の技は、3番目にしておきます。
 2匹目のポケモンは、エスパーポケモンにしておきます。
 念のため、3匹目以降はボックスに預けておきます。
 20以上の道具が必要なので、ポケモンセンターへ行きます。
 ポケモンを回復させますが、そのあと戦闘をくり返して1匹目の3番目の技回数21に減らしておきます。
  →これを忘れると、ミュウではなくゴースやモンジャラになってしまいます。

※ここからバグ技(この先の作業を行う前にまずは絶対レポート)
 スタートボタンを押し、「どうぐ」のウィンドウを開く
    ↓
 道具の16番目(中身を替える為)にカーソルを合わせて、セレクトボタンを押す
    ↓
 ここで、道具の交換の準備状態になるが、Bボタンですべてキャンセルする
    ↓
 野生のポケモンとの戦闘に突入する
    ↓
 「たたかう」1匹目の3番目の技を選んでセレクトボタンを押す
  →この技はいったん別の技または技無し(−)になる場合が多いが問題無し
    ↓
 「にげる」で戦闘をやめる

ここで、1匹目の3番目の技は、変わってしまったと思います。(何になるかはわからない)
また1匹目の技の残り回数は、以下になっているはずです。(ケーシィ20、スリープ48)

※ここからバグ技2回目
 パソコンで、「どうぐをひきだす」のウィンドウを開く
    ↓
 道具の23番目(レア度を替える為)にカーソルを合わせて、セレクトボタンを押す
    ↓
 ここで、道具の交換の準備状態になるが、Bボタンですべてキャンセルする
    ↓
 ポケモンセンターを出て、野生のポケモンとの戦闘に突入する
    ↓
 「たたかう」1匹目の2番目の技を選んでセレクトボタンを押す
  →この技はいったん別の技または技無し(−)になる場合が多いが問題無し
    ↓
 「にげる」で戦闘をやめる

 最後に育て屋に行きます。そしてエスパーポケモンを預け、すぐに引き出します。これでミュウが完成です。
1匹目のポケモンは逃がします。(ごくろうさまでした)

ポケモントップページへ  サイトトップページへ