エクセルによるちょっと変わった技
 マイクロソフトのエクセルは、すばらしいアプリだと思います。 一方、ワードは文書作成において、段落や行間制御が分かりにくかったり、大きなお世話であるオート機能を押し売りしたり、自分も含めて、使えね〜と嘆いている人が多かったです。私はなんとか頑張って使用していましたが、エクセルでしか文書を書かない人もいました。
 さて、エクセルは表計算ソフトという名目ですが、その域を超えています。セルにデータを代入して、他のセルと演算を行うだけとか、ましてや、単なる文書テンプレートとして、データを手入力するのであれば、大変モッタイナイ使い方です。それならば、ワードや他のフリーソフトで優れたものがきっとあるでしょう。そうではなく、エクセルの関数、コントロール、VBA(マクロ)などを駆使すれば、ちょっとしたアプリになります。
 具体的な例で言えば、見積書を他の出荷データとかを見ながら、キーボードで入力していたとしたら、それはエクセルを活用していると自負するユーザとしては、痛恨の極みです。
 えらそうに自慢できるほどのものではありませんが、いくつか紹介したいと思います。私は長く2003年版を使っていましたが、2007年版と2010年版はえらく変わってしまいました。ここで紹介する技は、コントロールツールボックスを使用するのですが、2007版以降のものは、「開発」タグというものを表示しなくてはなりません。方法は検索すれば簡単に見つかりますので、そちらを見てください。また、使用時にセキュリティの設定で、マクロ使用を有効にすることをお忘れなく。

アクセスのようなデータベースとして使う
 アクセスはデータベースソフトです。データベースといってもよくわからないと思いますが、どういうものかというと、データベース です。→なんじゃそりゃ
 簡単にいうと、いろいろなデータ群から、欲しいデータを抽出するというものです。もともとアクセスというソフトでしかできなかったのかもしれませんが、エクセルの機能を熟知していると、アクセスの基本技はできてしまいます。例としては以下をご覧ください。

こちら

ウェブブラウザを埋め込んで使う
 エクセルの中に、ウェブサイトを埋め込む方法です。正直言って無意味だと思います。ですからやめときます。→それじゃだめじゃん
 Microsoft Web Browserコントロールという機能が内蔵されていますので、これを使用すると、直接インターネットエクスプローラの画面をいくつも埋め込むことができます。
 いろいろ考えていたら、ひとつ役に立ちそうな用途を思いつきました。去年からYahooファイナンスの株価情報がリアルタイム仕様になったようです。通常はご自分の利用している証券会社のサイトで用が足りると思いますが、バリバリで株を運用している方は、いくつかの銘柄を、一分一秒の単位でパラレルに見たいかもしれません。ということで、デイトレーダ御用達ツールを作成しました。 ちなみに、私も株をやっていますが、大損しないかわりに、大儲けもできません。日経平均とかは、ほとんど関係ありません。自分の狙っている銘柄次第です。おそらくですが、1000万ぐらい運用資金があれば、デイトレードで生活ができるのではないかと思います。

こちら
※エクセルのヴァージョンによっては動作しないようです。ご了承ください。

グーグルマップを埋め込んで使う
 エクセルの中に、ウェブサイトを埋め込む方法を利用して、グーグルマップを表示してみます。 単純にグーグルのマップサイトを表示するだけだと芸がないので、セルに入力された住所を直接表示したいと思います。エクセルなので、住所データ一覧表があれば、いろいろな場所をすぐに表示することができます。
 ただし、残念ながらこの地図を印刷しようとしてもできません。画面が真っ黒になるだけです。印刷したい場合は、スクリーンショットしたものをコピーしてください。

こちら

MSプロジェクトのようなスケジューラとして使う
 MSプロジェクトというアプリをご存知でしょうか。1ヶ月ぐらいから1年ぐらいのスパンで計画表をつくることができます。オフィスに含まれていませんが、価格は6万円ぐらいのようなので、必要な方は買ってください。 →モッタイナイ
 持っていない人は、エクセルで作ると思います。横軸に日付を作成して、縦に仕事の項目を入れて、計画線を引くわけです。仕事の項目はともかく、横軸をカレンダーを見ながら、1,2、・・・と入力して、月、火、・・・と入力するなんて、なんと無駄でしょうか。
 そこで、ここは横軸の開始日を入力すると、自動的に作成されるように作りました。線引きは、開始日と所要日数を入力するだけです。また、エクセルには、カレンダーから入力できるツール(カレンダーコントロール)があります。これも有効なものですが、残念なことにエクセル2007では仕様が変わって互換性がなくなり、2010では全く使えなくなりました。代替手段を探していたら、いいのがありました。日本グリーンパックス株式会社というところで提供している無料ツールです。これは。必要なときだけポップアップしてくるので、エクセルのカレンダーコントロールよりも使いやすいです。まずは、どんなものか使ってみてください。

こちら

メンバー間の共有予定表として使う
 いまどき、スケジュールを管理するのに、アプリを使わない人はいないと思います。みなさんGoogleカレンダーとかを使っているでしょう。自分は使っていませんが。 →なんじゃそりゃ
 しかし、何人かで構成されるグループ、たとえば家族などで、他の人の予定を共有しながらスケジュールを作成するものはないかと思って作ってみました。実際にはたぶんあるんでしょうけど、調査してからだとガッカリするので、自分勝手に作りました。
 さて、これを我が家で便利に使っているかといえば、カミさんは自分の予定カレンダーを、新聞折込広告の白い裏地に定規で線を引きながら作成する派なので、使ってくれないと思います。自分も、予定表を作るほどの予定そのものが無いので利用していません。 →なんじゃそりゃ

こちら

メール送信を効率良く行うために使う
 エクセルでメール送信とは何のメリットがあるのかと思われるでしょうが、目的はメールを何通も効率よく送るためです。 このようなメールは、ひとつ間違えるとスパムと判断されますが、営業行為でなく行っている方もいらっしゃるはずです。 同様の内容のメールが連続送信されると、Gmailは過剰に反応して、その後アカウントがしばらく無効になるらしいです。 最近のメーラーはすべてそうなのかもしれません。正当に利用しているユーザにとっては非常に迷惑な話です。
 とりあえず、役に立ちそうだと思った方は、使ってみてください。 定型文をしょっちゅう使い分けて発信する方は重宝するかも??

こちら


トップページへ