CDの分割と結合を行い最高傑作を聴く
長い音楽史上において、最高傑作ともいわれることがある、バッハのマタイ受難曲ですが、この曲を
聴くのは簡単なことではありません。何度も繰り返し聴いて、真の感動を味わいたいところです。
題して、”最高傑作を聴くプログラム”ということで、略してSKIPとでも言っておきましょうか。
この作品はディスク3枚からなり、第1部が2枚目の途中まで、それ以降が第2部となっているはずです。
3枚のディスクを、ストーリに合わせて、以下の7つのファイルに分割&結合することとします。

 1.01 Track 01.wav ベタニヤの香油      (ディスク1初め)
 2.02 Track 02.wav 晩餐           (ディスク1中ば)
 3.03 Track 03.wav ゲッセマネの祈り     (ディスク1終わり+ディスク2初め)
 4.04 Track 04.wav 偽証/大祭司とピラトの審問(ディスク2中ば)時間的にこの2つはまとめます
 5.05 Track 05.wav イエスの引き渡しと鞭打ち (ディスク2終わり+ディスク3初め)
 6.06 Track 06.wav 十字架          (ディスク3中ば)
 7.07 Track 07.wav 埋葬           (ディスク3終わり)

ここでは、CUEシートの編集を駆使しながら行いたいと思いますが、この作業ができるようになれば、
あとは自由自在に操作して、オリジナルCD作成などができます。

イメージファイル作成とCUEシート編集
3枚のディスクから、それぞれイメージファイルを作成します。例えば、以下のような名称で作成します。
 1org.wav , 1org.cue   2org.wav , 2org.cue   3org.wav , 3org.cue
  →CUEシートもペアで作成されています
そして、上記1〜7を作成するために、これら3つのWAVEファイルをそれぞれ3分割します。そのため
CUEシートの内容から、上記1.2.3.の最初のトラック、ディスク2の初め、4.5.の 最初の
トラック、ディスク3の初め、6.7の最初のトラック
以外を削除
します。
これを図示すると以下のような感じです。

 ディスク1:|@□□□□|A□□□□|B□□□□
 ディスク2:|●□□□□|C□□□□|D□□□□
 ディスク3:|●□□□□|E□□□□|F□□□□

WAVEファイル分割
本サイトのメニューにある、”リッピング”−”WAVEファイル分割”の内容を参考に行って下さい。
ファイル名の便宜上、ディスク3、2、1の順序で行います。
まず、3org.cueシートを編集し、ディスク3の分割WAVEファイルを以下のように作成します。
 01 Track 01.wav   02 Track 02.wav   03 Track 03.wav
これらを、以下のようにリネームします。
 5_2.wav   06 Track 07.wav   07 Track 07.wav

次に、2org.cueシートを編集し、ディスク2の分割WAVEファイルを以下のように作成します。
 01 Track 01.wav   02 Track 02.wav   03 Track 03.wav
これらを、以下のようにリネームします。
 3_2.wav   04 Track 04.wav   5_1.wav

最後に、1org.cueシートを編集し、ディスク1の分割WAVEファイルを以下のように作成します。
 01 Track 01.wav   02 Track 02.wav   03 Track 03.wav
これらを、以下のようにリネームします。(1と2は変更不要です)
 01 Track 01.wav   02 Track 02.wav   3_1.wav

ファイル結合のための編集
分割したときに、Cuttedという名の新しいCUEシートができているはずなので、これを使います。
3_1.wavと3_2.wavで03 Trackを、5_1.wavと5_2.wavで05 Track を作成することになります。
以下の作業は、複数のファイルをいじるので、EAC上ではなく、”メモ帳”(紙のメモ帳ではダメです)
などのテキストエディタを用いて行います。

まず、3_1.wavと3_2.wavを結合する操作です。この2つのファイルを作成したときにできた2つのCUT
CUEシートをつなげて、ひとつのファイルにして、新しいCUEとして、以下のように編集します。

 PERFORMER "不明なアーティスト"  →ディスク1
 TITLE "不明なタイトル"  この2行は不要なのかも
 FILE "Track01.wav" WAVE
  TRACK 01 AUDIO
   TITLE "Track01"
   PERFORMER "不明なアーティスト"
   INDEX 00 00:00:00
   INDEX 01 00:0X:XX
 FILE "Track02.wav" WAVE
  TRACK 02 AUDIO
   TITLE "Track02"
   PERFORMER "不明なアーティスト"
   INDEX 00 00:00:00
   INDEX 01 00:0X:XX
 FILE "Track033_1.wav" WAVE
  TRACK 0301 AUDIO
   TITLE "Track0301"
   PERFORMER "不明なアーティスト"
   INDEX 00 00:00:00
   INDEX 01 00:0X:XX

 PERFORMER "不明なアーティスト"  →ディスク2
 TITLE "不明なタイトル"
 FILE "Track013_2.wav" WAVE
  TRACK 0102 AUDIO
   TITLE "Track0102"
   PERFORMER "不明なアーティスト"
   INDEX 00 00:00:00
   INDEX 01 00:0X:XX
 FILE "Track02.wav" WAVE
  TRACK 02 AUDIO
   TITLE "Track02"
   PERFORMER "不明なアーティスト"
   INDEX 00 00:00:00
   INDEX 01 00:0X:XX
 FILE "Track03.wav" WAVE
  TRACK 03 AUDIO
   TITLE "Track03"
   PERFORMER "不明なアーティスト"
   INDEX 00 00:00:00
   INDEX 01 00:0X:XX

WAVEファイル結合
画面の左側にある”WRI”ボタンを押します。
CDレイアウトエディタ画面が起動するので、”ファイル”−”CUEシートの読み込み”を行います。
読み込むファイルは、作成した上記のCUEシートです。
そして、”CD−R”−”CD書き込み”で書き込みを行います。
これは、一時的に作成するものなので、メディアはCD−Rではなく、CD−RWを 使います。
ハードディスクでもできたのかもしれないのですが、簡単にはわからなかったので、この方法で行います。

WAVEファイル作成
CDへ焼き込んだものは、CD−DAフォーマットなので、パソコンにWAVEファイルとして戻します。
あとの作業は、CDコピーのときと同じです。画面の左側にある”IMG”ボタンを押します。
WAVEファイル名は、”03 Track 03.wav”として、作成を実行します。

以上でディスク1の後半とディスク2の前半を結合したWAVEファイルができました。
ディスク2の後半とディスク3の前半を結合した”05 Track 05.wav”も、同様の方法で行います。

これで、1から7の全WAVEファイルが完成です。

本当はもっと分かり易い説明を書きたかったのですが、じいさんは疲れたので、もうギブアップです。
 →疲れたので、どっか間違っているかも

トップページへ