無音部ギャップテスト
EACを起動したら、CDをドライブに挿入してから、まずは、”アクション”−”ギャップ検出”−
(”無音部のギャップをテスト”)
を実行してください。この時ギャップが10秒以上の値になって
いるのであれば異常ですので、再度ギャップ検出を行ってみてください。
そのあと、ここは議論の分かれるところかもしれませんが、私は
”アクション”−”次のトラックにギャップを追加”を選択しています。理由は下記によります。
”前のトラックにギャップを追加”でも良いのかもしれませんが、いずれにしても常に同じ方で統一する
こととします。
たとえば、交響曲が2曲入っているCDがあるとします。1番目と2番目の間には、当然無音ギャップが
存在します。楽章間には、無音部があるものも無いものも存在します。このようなCDの場合2番目の曲の
前にプリギャップという形で無音部が入っていることが多いです。よって、私は上記のようにしています。

ギャップの説明
ここで、後でCUEシート(キューシートであり、クエシートではありません)による分割のときに重要に
なるギャップの付け方について先に説明しておきます。以下のようなサンプルがあるとします。

 |□■■■■|■■■■|■■■■|□■■■■|□■■■■|

  □: 無音ギャップ
  ■: 曲
  |: トラック間

この例では4番目と5番目のトラックに無音ギャップが存在していますが、リッピングして分割したときに
どのように無音部を付けるかを、EACでは自由に選択することが可能です。
”ツール”−”CUEシートに基づきWAVEファイルを分割”で、1枚のCDを自由にファイル分割
できますが、以下の方法が選択できます。

”ギャップ込み”は、前のトラックの最後に無音部が取り込まれます。
 @|□■■■■|
 A|■■■■|
 B|■■■■□|
 C|■■■■□|
 D|■■■■|
 
”訂正済みギャップ込み”は、次のトラックの最初に無音部が取り込まれます。

 →私はこちらを推奨

 @|□■■■■|
 A|■■■■|
 B|■■■■|
 C|□■■■■|
 D|□■■■■|
 
”ギャップ無し”を選んでしまうと、以下のように無音部が消去されてしまいます。
 @|■■■■|
 A|■■■■|
 B|■■■■|
 C|■■■■|
 D|■■■■|
 
”単一のインデックス”では、以下のように、無音部もひとつのファイルとして作成されてしまいます。
 @|□|
 A|■■■■|
 B|■■■■|
 C|■■■■|
 D|□|
 E|■■■■|
 F|□|
 G|■■■■|


トップページへ