データ圧縮
できあがったWAVEファイルを圧縮して、携帯プレーヤで聴けるようにします。
最近のプレーヤは容量も大きいので、とことん音質にこだわるという方は、そのままWAV形式のままか、
ロスレス圧縮という手段が良いと思いますが、プレーヤの容量が2GBや4GBしかなく、私のように、
音質の違いがわからない人は、大幅に圧縮してから転送します。
エンコードソフト(MP3ならばLAMEとか)がある場合はEAC上で圧縮できますが、もっていない
場合は別のソフトを使用した方が楽かもしれません。

圧縮ソフト
Winampという超有名なソフトがあります。これを使用すれば、データ圧縮以外の曲名取得やID3タグ
編集まで全てできるようです。しかし、私自身はシンプルなものが好きなので、それぞれの機能別に
アプリを使い分けています。
圧縮ソフトは数多くあるようですが、2〜3種試してみて、現在は以下のものにしています。
 ・Efficient wma mp3 converter、ダウンロード先はこちら
ここのサイトには、大きな広告があり、これは同じ変換アプリでも別物なので注意してください。
使い方は、こちら のサイトを参考にするのが良いと思います。
さて、どの形式に圧縮するかを決める必要があります。もちろん、持っているプレーヤが対応している
形式でなければなりませんが、MP3、WMA、AAC、OGGなどありますが、2つ以上の形式に対応
しているのがほとんどだと思います。
私は、以下の理由により、WMAの128kbpsで圧縮しています。
 ・MP3は古い技術であり、128kbpsでは、AACやWMAに劣ると言われている。
 ・アップル社の製品を買う予定が無いので、AACは必要ない。
もちろん、どの形式にするにしても、容量に余裕があれば、圧縮レートは上げた方が良いと思います。

ID3タグ
ID3タグの情報がないと、曲順が管理できないプレーヤでは絶対に必要です。
Winampの自動取得は良さそうなのですが、CDの中にはCDDBに登録されていないものがあります。
また、”送る”−”自動タグ”でまとめて取得しようとすると、”Unsure”と表示されてできない場合が
あるので、”ファイル情報の表示”でひとつずつ実行した方が良いようです。
CUEシート編集で2枚組以上をまとめる場合、トラックNo.がぐちゃぐちゃになるので再編集が必要です。
EAC上でMP3にエンコードする場合はID3タグを付けられるようですが、それができないファイル
形式の場合、あとで別のソフトで手作業で入れます。いくつか試しましたが、SuperTagEditor を推します。
 →ダウンロード時、青いダウンロードボタンは違うアプリなので注意
使い方(V2.02):
 ・ファイル−フォルダを開く
 ・アルバム名のところにテキスト入力
 ・同じアルバムの所は、ひとつ入力後ドラッグ選択して、”編集”で”下へコピー”
   →アーティスト名などは入力しなくてもアルバムのトラック順に再生可能
 ・完了後、”タグ情報を更新”

追加:
 ・SuperTagEditor は、トラックNo.を変更したつもりでも変わらないので注意。
 ・2枚組以上のCDをひとつのアルバムにする場合、トラックNo.は重要です。
  2枚をひとつのアルバムにする場合、2枚目を1枚目に続く連番にします。
 ・トラックNo.変更には、Winamp か MP3Tagを推奨。
 ・MP3Tagは、タグの取得も可能です。CDから直接これで取り込むのが最も確実です。
   →書き込みたいファイルを選択後、メニューのタグ取得−freedb−CDから入力を選択

プレーヤへのコピー
ほとんどの方は、お祈りによって無線でコピーするなどの特技はお持ちでは無いと思われますので、正規の
方法でコピーを行って下さい。
 つぶやき:近頃は無線で充電できる技術もあるらしい。
      将来は、念じるとPC操作ができたりして。

トップページへ